自分でツールを揃えて睫毛パーマをする方法

■自分でツールを揃えて睫毛パーマをする方法

まつげエクステンションでも自分でする人もいますが、睫毛パーマもチャレンジする女性がいます。

ここでは、自分でする場合のアドバイスをしておきましょう。

 

メイクをするのに毎日ビューラーを使う女性は多いです。

睫毛を釣り上げて綺麗に見せようとするわけです。

マスカラを綺麗に付けるには、睫毛がしっかりと上がっていなければ仕上がりが綺麗になりません。

 

中にはビューラーを温めてみたり、ホットビューラーを使う人もいるほどです。

ですが毎日のビューラーは睫毛に対して大きな負担を強いています。

睫毛が抜けやすくなったり、切れてしまって睫毛の長さが短くなってしまった女性も見かけます。

 

そこで、睫毛パーマです。

睫毛パーマをかけることで、ビューラーを毎日使わなくてもよくなります。

結果として、睫毛が痛むことが少なくなるのです。

 

睫毛パーマはまつげエクステンションと同じで、自分で施術もできます。

ビューラーを毎日使うことに比べれば自分で睫毛パーマをすることは意味のあることだと思います。

 

睫毛パーマ専用のパーマ液を使って睫毛パーマをします。

パーマ液は流れやすい特徴があります。

「目に入ってしまうんではないだろうか?」と不安に思うかもしれません。

 

けれども大丈夫です。

睫毛パーマのパーマ液はジェル状やクリーム状になっています。

垂れてきて目に入る心配はほとんどないと考えていいです。

 

睫毛の長さに合わせてロッドの長さを太さを変えます。

パーマ液を付けて1本1本ていねいにロッドに巻き付けてゆきましょう。

デリケートな作業になりますので慎重に作業してください。

 

専用のロッドは何度も使っていると消耗して劣化します。

ヒビが入ってきたら限界ですから新しいロッドに取り替えてください。

瞼のタイプによってデザインが違うロッドもあります。

 

一重まぶた用や二重まぶた用などさまざまなデザインタイプが市販されています。

あなたが理想としている睫毛のイメージに合わせて、何タイプかのロッドを用意してみてはどうでしょうか?

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *